スマートフォン版へ

シルバーステート引退 今後は種牡馬入りの方向

  • 2017年11月22日(水) 19時00分
 右前脚屈腱炎で休養に入っていたシルバーステート(牡4歳、栗東・藤原英)の引退が22日、所属するG1レーシングのホームページで発表された。

 発症後は精密検査を重ねてきたが、回復に相当な時間を要するという診断から苦渋の決断に至った。通算成績は5戦4勝。重賞タイトルには届かなかったものの、圧倒的なパフォーマンスから一時はクラシックの有力候補にも数えられていた。今後は種牡馬入りの方向で調整が進められている。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す