スマートフォン版へ

【南関東競馬】マイネルバサラ6馬身差の圧勝!松山師重賞初Vに笑顔

  • 2017年11月24日(金) 08時00分
 「浦和記念・Jpn2」(23日、浦和)

 5番人気のマイネルバサラが3角先頭のロングスパートで6馬身差の圧勝。うれしい重賞初制覇を決めた。2着は2番人気のヒガシウィルウィン。1番人気のオールブラッシュは3着に敗れた。なお、2着のヒガシウィルウィン東京大賞典(12月29日・大井)の優先出走権を獲得した。

 JRAで準オープンを勝ったばかりのマイネルバサラが、果敢な積極策で圧巻の6馬身差で重賞初制覇を決めた。

 タマモホルンが逃げ、ヒガシウィルウィンバルダッサーレが続き、マイネルバサラは4番手から追走。2周目の向正面で、ヒガシウィルウィンが仕掛けようとしたタイミングで一気にスパートした。3角手前で先頭に立つと、そのまま後続とのリードをグングンと広げてゴールを駆け抜けた。

 「相手が強いのでどれだけやれるかと思っていたが、スタートが良くていい位置が取れた。この馬の持ち味の長くいい脚を使う競馬ができた」と柴田大は会心の笑みでレースを振り返る。管理する松山師は08年の開業以来、JRA・地方を通じて重賞初勝利。「開業10年で重賞を勝ちたかったので、達成できてうれしい」と喜びをかみしめた。今後については「賞金面で出走できるか分かりませんが、東京大賞典に登録します」と大舞台への挑戦を視野に入れていた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す