スマートフォン版へ

桜花賞、キストゥヘヴンが豪快に差し切る

  • 2006年04月09日(日) 15時40分
 9日、阪神競馬場で行われた桜花賞(3歳牝、GI・芝1600m)は、安藤勝己騎手騎乗の6番人気キストゥヘヴン(牝3、美浦・戸田博文厩舎)が、道中は後方を追走、3角手前から徐々に進出し直線大外から追い込むと、内から上がってきた1番人気アドマイヤキッスを3/4馬身差抑えて優勝した。勝ちタイムは1分34秒6(良)。さらにハナ差の3着には5番人気コイウタが入った。

 勝ったキストゥヘヴンは、父アドマイヤベガ母ロングバージン(その父ノーザンテースト)という血統。伯母に83年のエリザベス女王杯優勝馬のロンググレイス、伯父に81年菊花賞3着のロングイーグルなどがいる。04年北海道オータムセール1歳にて970万円で落札されていた。05年12月のデビュー戦(中山・芝1200m)から3戦続けて2着と勝ち切れないレースが続いたが、4戦目で初勝利。続くフラワーC(GIII)では6番人気ながら今回と同様、1番人気馬(フサイチパンドラ)を差し切る競馬で2連勝を飾っていた。通算成績6戦3勝(重賞2勝)。

 鞍上の安藤勝己騎手、管理する戸田博文調教師共に桜花賞初制覇。JRA重賞は、安藤騎手がドリームパスポートで制したきさらぎ賞(GIII)に続いての勝利で今年2勝目(通算35勝目)でGI・8勝目。戸田調教師は同馬で制したフラワーCに続く勝利で通算2勝目。GIは初勝利となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す