スマートフォン版へ

重賞2勝馬アルバートドックが引退、種牡馬入りへ

  • 2017年12月09日(土) 15時25分
 昨年の小倉大賞典(GIII)と七夕賞(GIII)を優勝したアルバートドック(牡5、栗東・須貝尚介厩舎)が現役を引退することが8日にわかった。

 左前脚屈腱炎を発症したため、復帰は難しいと判断。海外も視野に入れて種牡馬入りが検討されている。

 父ディープインパクト母ゴールデンドックエー(母父Unusual Heat)という血統。2014年9月21日阪神5R・2歳新馬でデビュー(6着)、同年の11月8日京都3R・2歳未勝利で初勝利。4歳時に小倉大賞典で重賞初制覇、同年夏の七夕賞も優勝し、ラストランは昨年の新潟記念(2着)。通算成績は18戦5勝(うち重賞2勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す