スマートフォン版へ

ラッキーライラックが無傷の3連勝で戴冠! オルフェ産駒GI初制覇!/阪神JF

  • 2017年12月10日(日) 19時11分
 10日、阪神競馬場で行われた阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳・牝・GI・芝1600m)は、中団でレースを進めた石橋脩騎手騎乗の2番人気ラッキーライラック(牝2、栗東・松永幹夫厩舎)が、直線で外から脚を伸ばして、一旦先に抜け出していた3番人気リリーノーブル(牝2、栗東・藤岡健一厩舎)を捕らえ、これに3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分34秒3(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に4番人気マウレア(牝2、美浦・手塚貴久厩舎)が入った。なお、1番人気ロックディスタウン(牝2、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)は9着に終わった。

 勝ったラッキーライラックは、父オルフェーヴル母ライラックスアンドレース、その父Flower Alleyという血統。新馬戦、アルテミスSに続く無傷の3連勝で見事2歳女王に輝いた。また、本馬の父オルフェーヴルは初年度でGI制覇、鞍上の石橋脩騎手は2012年天皇賞(春)ビートブラック以来のGI制覇となった。

石橋脩騎手のコメント】
 新馬の時からセンスが良い馬なので、(レースプランは)スタートを出してから決めていこうと考えていました。思ったよりは少し後ろの位置になりましたが、上手く折り合っていましたので、前走より良い脚が使えると思っていました。4コーナーで素晴らしい手応えでしたので、あとは合図を送るだけでした。
ビートブラックで(GIを)勝たせていただいてから長かったですが、もう一度勝ちたいと思って自分なりに努力してきましたので、本当に良かったです。

【勝ち馬プロフィール】
ラッキーライラック(牝2)
騎手:石橋脩
厩舎:栗東・松永幹夫
父:オルフェーヴル
母:ライラックスアンドレース
母父:Flower Alley
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム
通算成績:3戦3勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2017年アルテミスS(GIII)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す