スマートフォン版へ

【有馬記念】サトノクラウン鞍上にムーア ルーティン変更で反撃態勢    

  • 2017年12月15日(金) 08時00分
 「有馬記念・G1」(24日、中山)

 名手ムーアとのタッグで正式に参戦が決まったサトノクラウンは14日、美浦Pで併せ馬。キャンベルジュニア(5歳オープン)を1馬身追走し、直線はインから目いっぱい追われて併入に持ち込んだ。時計は5F65秒3-36秒3-11秒3。手応えは明らかに劣勢だったものの、森助手は「相手は動く馬だし時計も出ている。この馬なりに状態は悪くない」と出来に関して、問題なしを強調した。

 これまでの追い切りはWが主体だったが、1週前にはPを選択。同助手は「これまでの(W主体の)ルーティンに馬が慣れている印象があったため。普段から背腰に疲れがたまりやすいという点も理由のひとつ」と説明。陣営は工夫を凝らしてジャパンC10着からの反撃を狙っている。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す