スマートフォン版へ

ビートたけし、名付け馬キタノコマンドールのデビューに「凱旋門賞を狙っている」

  • 2017年12月22日(金) 14時01分
 タレントのビートたけしが名付け親となり話題を呼んだDMMバヌーシーの所有馬キタノコマンドール(母ベネンシアドール、牡2歳、栗東・池江泰寿厩舎)が、23日の阪神5R新馬戦・芝2000mでデビュー戦を迎える。

 馬名のキタノコマンドールは、本名の北野と、たけしが2010年に受章したフランス政府が授与する芸術文化勲章の最高位「コマンド―ル」を組み合わせて名付けられた。

 たけしは「キタノコマンドールって良い名前だと思っているんだけどな。凱旋門賞を狙っているんだから、デビュー戦は勝って欲しい。お祝いで馬券を買おうかと思っている。勝ったらゼッケンにコマネチポーズの絵を入れよう(笑い)。でも負けたら俺は詐欺師扱いされちゃうよね、悪口の塊だろうね。嫌だな〜」と、名づけ馬のデビューを前に少し落ち着かない様子。

 父はディープインパクト、全姉にG2・2勝、G1・2着2回のデニムアンドルビーを持つキタノコマンドール

「(キタノコマンドールは)血統が良いらしいし、写真を見ても奇麗な馬だからね。だけど馬の血統って凄いよな。今、芸能界は血筋が悪いし、2代目がダメだからね。少しサラブレッドを見習った方が良いよ」と、今年、芸能界を騒がせた2世タレントをチクリ

凱旋門賞に行くことになったらドキュメンタリーを作っても良いよね」

 発走は23日12時20分。鞍上は今年騎手リーディング1位のルメール騎手。初勝利を目指すDMMバヌーシー期待の良血馬がどのような走りを見せるか注目だ。

 なお、24日にはnetkeiba.comでビートたけしの有馬予想を公開します。お楽しみに!


みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す