スマートフォン版へ

【京成杯】ジェネラーレウーノ完封 3連勝で皐月賞へ直行

  • 2018年01月15日(月) 09時00分
 「京成杯・G3」(14日、中山)

 1000メートル通過59秒7のハイペースを追走しても、ジェネラーレウーノの手応えはたっぷりと残っていた。坂上で先頭に立つと、外から懸命に追い込んだ2着馬を完封。最後は手綱を押さえ加減で半馬身振り切った。昨年のコマノインパルスに続く連覇を決めた田辺は「1頭になると遊ぶ馬だから心配していたが、良かったですね」と1番人気に応え、満足げな表情を見せた。

 時として集中し切れない弱点を、1週前追いから着用したチークピーシーズが補った。「ケイコはあんまりだったが、レースで効いた。100%信じ切れないが…次?怖くて外せません」と矢野師。なぜか松葉づえ姿だ。

 最終追い切り翌日の11日、調教中の事故で右足首を骨折したという。「これが厄払いだって、あいつら(スタッフ)に言ったんだ」。身を切る“験担ぎ”が最上の結果に結びついた。

 ほどなく放牧を挟み、皐月賞(4月15日・中山)直行プランで調整される。鞍上が「まだこの馬の本気が分からない」と言えば、師も「きょうは走り切ったって?まあ、7〜8割くらいは。最後もしっかり伸びたが、まだもう少し切れる。切れてもらいたい」と期待を込める。クラシック開幕まで3カ月。本番と同じ舞台でタイトルを手にした素質馬が、しばしの休息を経て再び頂点を目指す。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す