スマートフォン版へ

ルメールが騎乗停止 京都記念のレイデオロはバルジューが騎乗

  • 2018年01月28日(日) 08時00分
 27日の東京4Rのゴール前でギャラッド(1着)が内斜行し、2着ブラックデビルの進路を妨害。着順の変更はなかったが、騎乗したクリストフ・ルメール騎手(38)=栗東・フリー=に2月3〜11日まで、開催日4日間の騎乗停止処分が科せられた。昨年12月23日にも不注意騎乗による騎乗停止処分を受けており、それが考慮された停止期間となった。同騎手はこの日、2〜5Rと4連勝。3連勝を決めたレースでの斜行だった。

 これにより、11日の京都記念で手綱を取る予定だった昨年のダービーレイデオロ(牡4歳、美浦・藤沢和)は、次週から短期免許で来日予定のダリオ・バルジュー騎手(41)=イタリア=とのコンビで今年初戦を迎えることになった。「レース週の水曜追い切りに(バルジューが)乗ります」と藤沢和師。

 なお、ルメールは4日の東京新聞杯では、昨年のヴィクトリアマイルの覇者アドマイヤリード(牝5歳、栗東・須貝)とコンビを組む予定だった。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す