スマートフォン版へ

アンカツでもかなわなかった伝説のジョッキー/トレセン発秘話

  • 2018年02月09日(金) 18時00分
坂本敏美を知ってますか?」

 ふとした雑談の最中、梅田厩舎の加藤厩務員からこう振られた。かつて公営・名古屋競馬で圧倒的な成績を残したジョッキーだったことはもちろん、名前を聞いたことすら、恥ずかしながら初めてだった。

「フォームは独特なんだけど、とにかくどんな馬でも勝たせる。そんな天才ジョッキーでしたよ。中央でいえば、福永洋一さんみたいなタイプ。同じ東海地区の騎手だったあの安藤勝己さんが“かなわない”と言っていたくらいなんだから、そのすごさが分かるでしょ」

 父親が競馬好きで、小さいころから地元の名古屋競馬に通っていた加藤さんは、幼いながらも、その坂本敏美騎手の競馬に圧倒的なものを感じていたという。

 安藤勝己元騎手の兄で、現在は谷厩舎で働く安藤光彰助手にも話を聞いた。

「勝己も伝説的な騎手だったけど、坂本さんはケタが違った。勝己が内にモタれて追えない馬を、あの人は手綱ぷらんぷらんでも、スイスイ普通に追ってきたからね。ゲートは下手だったけど、外を回して勝ってしまう。“なんで勝てるんだろう”って、誰もが不思議に思っていた。とてもマネできるようなものではなかったね」

 仮に坂本敏美騎手が中央で乗っていたら、どんな存在になっていた?

「外を回して勝つタイプだったし、騎乗スタイルは地方より、むしろ中央向きだった。あの時代に中央で乗れていれば、かなり活躍していたんじゃないかな」

 まさに全盛期だった1985年7月19日の不運な落馬事故により、騎手を引退。その後は表舞台から姿を消し、今からちょうど10年前にあたる2008年2月10日に亡くなったという。

 あのアンカツさんでもかなわなかった伝説のジョッキー…。実際にその天才的な騎乗を目にした古くからの競馬ファンは、存在すら知らないファンに、その偉大さを語り継いでいってほしい。

(栗東の坂路野郎・高岡功)

東京スポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す