スマートフォン版へ

美浦トレセン大規模改造へ 東西格差是正へ坂路延伸、北馬場を閉鎖

  • 2018年02月16日(金) 06時00分
 JRAが美浦トレセンの大規模改造に着手することが15日までに分かった。このほど関東の馬主代表、調教師会役員を集めて説明会を開催、3者間で基本合意。近く正式発表を行う予定だ。

 美浦トレセンは1978年4月に開場(栗東は69年11月)。両トレセンとも当初はダートコースのみだったが、栗東は85年に坂路、89年にウッドチップコースを導入。施設面の改革で先駆け、強い馬づくりに生かすノウハウを確立したことで成績が飛躍的に伸びた。

 一方の美浦は93年に坂路(04年に改修)、02年にWコースが完成。施設の充実を図ったが、時既に遅しの感は否めなかった。良質馬の多くが栗東に預託され、ますます東西格差が広がるという悪循環に陥っていた。

 格差是正のため、まずは施設面の同等化が必要という考えから、今回、JRAが提示した案は大きく分けて次の3点。(1)坂路馬場の距離を延ばし高低差も栗東と同程度にする(2)北馬場を閉鎖し新築中の厩舎地区に充て、障害コースは南馬場に移す(3)Wコースの調教を左回りも可能にするなど、調教コースの改造。

 かつてない大規模改造になるため、今後、関係者が慎重に詳細を煮詰めていく。工事開始の時期など、具体的な計画が決まるのは今秋になる見通しだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す