スマートフォン版へ

豪脚一閃! ノンコノユメが悲願のJRA・GI初制覇!/フェブラリーS

  • 2018年02月18日(日) 15時45分
 18日、東京競馬場で行われたフェブラリーS(4歳上・GI・ダ1600m)は、道中は後方に構えた内田博幸騎手騎乗の4番人気ノンコノユメ(セ6、美浦・加藤征弘厩舎)が、直線で馬群の一番外から脚を伸ばして、中団後方から一旦は抜け出した1番人気ゴールドドリーム(牡5、栗東・平田修厩舎)をゴール前で捕らえ、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分36秒0(良)。

 さらにクビ差の3着に6番人気インカンテーション(牡8、栗東・羽月友彦厩舎)が入った。なお、3番人気サンライズノヴァ(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)は4着、2番人気テイエムジンソク(牡6、栗東・木原一良厩舎)は12着に終わった。

 勝ったノンコノユメは、父トワイニング母ノンコその父アグネスタキオンという血統。約2年2か月ぶりの勝利を挙げた前走の根岸Sに続く連勝で、悲願のJRA・GI制覇を果たした。また、本馬を管理する加藤征弘調教師にとっても、これが初のJRA・GI勝利となった。

内田博幸騎手のコメント】
 厩舎のスタッフの皆さんや、加藤先生が一生懸命に頑張ってくださったおかげで、土台がしっかり作られていて、あとは自分がどう乗るかというだけでしたので、結果が出て本当に良かったです。
 直線では(一旦ゴールドドリームに)離されてしまいましたが、本当に馬が力を振り絞って走ってくれました。これからもまだまだ頑張って走ってくれると思います。

【勝ち馬プロフィール】
ノンコノユメ(セ6)
騎手:内田博幸
厩舎:美浦・加藤征弘
父:トワイニング
母:ノンコ
母父:アグネスタキオン
馬主:山田和正
生産者:社台ファーム
通算成績:21戦8勝(重賞5勝)
主な勝ち鞍:2015年ジャパンダートダービー(GI)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す