スマートフォン版へ

“走る意欲”を取り戻したパキスタンスター 8か月振りの戦線復帰へ

  • 2018年02月19日(月) 11時30分
 今週末(25日)の香港競馬は、香港ゴールドC(芝2000m)、クイーンズシルヴァージュビリーC(芝1400m)の豪華G1・2本立てだが、このうち香港古馬3冠2戦目となる香港ゴールドCで、パキスタンスター(セ5)が8か月振りに戦線復帰を果たすことになった。

 昨季の香港ダービー2着馬で、その後G1クイーンエリザベス2世Cでもネオリアリズムの2着となったのがパキスタンスターだ。ところが、昨季の最終戦となったG3プレミアプレートで、発馬後200mほどで馬自身が走るのをやめて大差負け。昨年10月3日のバリアトライアルでも全く同じことをやり、香港ジョッキークラブから出走停止処分を受けていた。

 その後、「馬と話せる男」として知られる馴致の権威モンティ・ロバーツ氏を北米から招聘するなど、矯正に務めた結果、走ることへの意欲を取り戻し、2月6日にシャティンで行われた10頭立てのバリアトライアル(芝1600m)で1着に入線。更に、2月13日にシャティンで行われた6頭立てのバリアトライアル(芝1600m)でも、15/16年シーズンの香港年度代表馬ワーザー(セ6)に3.1/2馬身差をつけて1着で入線。実戦復帰にゴーサインが出されることになった。

 香港ゴールドCには、パキスタンスターワーザーの他、古馬3冠初戦のG1スチュワーズC(芝1600m)勝ち馬シーズンズブルーム(セ5)、暮れのG1香港カップ(芝2000m)勝ち馬タイムワープ(セ5)らも出走を予定している。

(文:合田直弘)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す