スマートフォン版へ

【中山記念】小島太師 ディサイファとともに最終章飾る 唯一無二のホースマン

  • 2018年02月23日(金) 06時00分
 「中山記念・G2」(25日、中山)

 2月末で定年を迎える10人、勇退する2人の調教師にとっては、今週末の競馬が最後の実戦となる。騎手時代は“サクラ”の主戦としてダービー2勝を挙げるなど活躍、調教師に転身後もマンハッタンカフェイーグルカフェでG1・5勝を挙げた小島太調教師(70)=美浦=は、中山記念ディサイファを送り込む。馬にとってもこれが引退レース。“華”のあるホースマンが最後も存在感を示すか。

 知床連山を望む北海道小清水町。世界遺産という言葉もなかった1947年、小島太は馬商の家に生を受けた。10戦無敗で日本ダービー制覇後、破傷風のため急死したトキノミノルがモデルの映画『幻の名馬』に感動し、競馬の世界にあこがれて上京。騎手になる夢をかなえた。そして今、全力疾走したホースマン人生52年の最終章25日を待つ。

 その生き様は騎手時代に集約される。華がある騎手と言われた。詩人、故寺山修司は「パリのジゴロか伯爵夫人のつばめか(中略)美しい馬に乗って華麗なレースをするのが小島太」と表現したものだ。日本ダービー2勝をはじめG1級レース10勝、重賞85勝。一方で、ミスと非難された騎乗も多かった。

 私生活も華やか。相撲好きで、亡くなった先代九重親方(元横綱千代の富士)と親交が深かった。相撲協会八角理事長とは今も酒を酌み交わす仲だ。他にも大物芸能人、プロ野球関係者、ゴルファーなど人脈は多彩。従来の騎手の枠から大きくはみ出していた。それゆえ、シンパとアンチの両極端に分かれたが、独自の世界を築き上げたことは誰も否定できない。

 人と同じ道を行くのが性に合わなかった。大厩舎は騎乗機会が少ないと思い、欲しいと言ってくれた高木良三厩舎に入門。選択は正しく、メキメキ頭角を現したが、師匠の馬でビッグタイトルを獲れなかった。騎手時代で一番、思い出のレースは?の問いに返ってきたのは意外な答えだ。

 「桜花賞サクライワイ(74年2着)。2番手でドシッと構え過ぎて仕掛けが遅れ、最後にインから武邦(故武邦彦元調教師)さんのタカエノカオリにスッとかわされた。スピードが身上の馬。オレに焦るぐらいの気持ちがあれば良かったが…。帰りの新幹線で師匠が『もったいなかったな』とつぶやいたのはズシンと心に響いた。今でも悔いが残る」

 一般的なイメージからは想像しにくい言葉。「それに比べてダービー2勝の喜びは、ほとんど瞬間で終わり、自分の中にはそれほど残らなかった。もちろん、すごく価値があって大事なレース。そこまでのプロセスも長いから十分に楽しめたがね。いつも完璧を目標にしたが、そうは乗れないことが多かった」。多くの失敗の上に数少ない成功がある。小島太に限ったことではないだろう。

 騎手フリー化に先鞭(せんべん)をつけた。83年、“サクラ”の全演植と騎乗契約をかわした。日本では初のケース。「フトシ」、「オヤジ」と呼び合う父子以上の関係ともいわれた。ケンカ別れした時期もあったが強い絆は復縁。全の死去9日後の93年スプリンターズSサクラバクシンオーで優勝、恩を返したのはあまりにも有名だ。

 88年サクラチヨノオーダービーを制する前には父・竹次郎を亡くしていた。鬼の形相で追いまくり、メジロアルダンとの壮絶な叩き合いに勝った。辛口で知られた調教師の境勝太郎が「あのダービーは太の腕で勝った」と絶賛したものだ。悲しみ、逆境を勝利への執念に転化する、まれな能力を持っていた。

 「オヤジがいたから外国の一流のフレディー・ヘッドやフランキー・デットーリたちと知り合えた。流れる血の違いを感じ、日本人の自分じゃかなわないと思った。その前、アメリカに行って乗れずに帰ってきたこともあったが、当時としてはすごい経験。関取や芸能人との付き合いでは、プロは同じものを目指し同じ感覚なんだと実感した。それやこれやはオレの貴重な財産になっている」

 調教師に転身後、心から喜びを感じたことはないという。「勝てるはずの馬が負けたら、心の中でバカヤローと思う。でも、我に返って騎手の目で見ると仕方ないと感じることも多い。勝っても責任を果たせた安堵(あんど)が先立ち、騎手の時ほど楽しくなかった」。中山記念ディサイファが最後の重賞挑戦。馬にとってもこれが引退レースだ。「全力で無事に走ってほしい」と願う。

 小島太は競馬界の太陽、巨星ではなかった。だが、役者に見立てれば代わりがいない存在。自分の意志を持ち、縦横無尽に天空を駆け巡る彗星(すいせい)だった。騎手で1024勝、調教師で475勝(他に地方1勝)。残り2日で、あと1勝に迫るJRA合計1500勝を達成できるか。この男は最後まで希望を与え続けてくれる。=文中敬称略=

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す