スマートフォン版へ

日本から移籍のブレイブスマッシュが豪G1初制覇!2着トーセンスターダム/フューチュリティS

  • 2018年02月24日(土) 17時11分
 24日、オーストラリアのコーフィールド競馬場で行われたフューチュリティステークス(G1・芝1400m・1着賞金30万豪ドル)は、道中3番手からレースを進めたC.ウィリアムズ騎手騎乗のブレイブスマッシュ(牡5、豪・D.ウィアー厩舎)が最後の直線で馬群を割って抜け出し、中団から追い込んできた2着トーセンスターダム(牡7、B.アレン騎手、豪・D.ウィアー厩舎)に3/4馬身差をつけて優勝。日本から移籍した2頭が見事ワンツーフィニッシュを飾った。

 トーセンスターダムからアタマ差の3着には、吉田勝己オーナーの共同所有馬で、ハナを切ったショウタイム(牡3、D.ダン騎手、豪・M.ウェイン&J.ホークス厩舎)が逃げ粘った。

 ブレイブスマッシュは父トーセンファントム母トーセンスマッシュ(その父トウカイテイオー)という血統。日本では美浦・小笠倫弘厩舎の管理馬で2015年のサウジアラビアロイヤルカップ優勝などの実績を残し、2017年に豪州の名門・D.ウィアー厩舎に移籍。そして移籍7戦目となった今回、異国の地で見事G1初制覇を果たした。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す