スマートフォン版へ

1994年天皇賞・秋制覇のネーハイシーザーが死亡

  • 2018年02月27日(火) 12時15分
 26日、1994年の天皇賞・秋を制覇したネーハイシーザーが、繁養先の荒木克己育成牧場で死亡したことがわかった。享年28歳。

 父サクラトウコウ母ネーハイテスコ(母父テスコボーイ)という血統。1992年12月6日中京3R(ダ1000m)でデビュー勝ち。翌年の春クラシックには出走できなかったが、同年の中日スポーツ賞4歳S(GIII)を日本レコードで優勝。GI初挑戦となった1993年の菊花賞(GI)ではレース中に心房細動を発症して18着に敗れた。

 翌年に復帰し、大阪杯(GII)を優勝、続く京阪杯(GIII)をコースレコードで勝利。宝塚記念(GI)は5着に敗れたが、同年秋の毎日王冠(GII)を自身の日本レコードを更新して優勝。その勢いで、1994年の天皇賞・秋を制覇した。通算成績23戦8勝(うち重賞5勝)。1994年の最優秀父内国産馬を受賞。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す