スマートフォン版へ

ドバイワールドCは実績馬ウエストコーストの相手を探せ

  • 2018年03月22日(木) 06時00分
 「魁!海外馬券塾」(21日)

 ドバイワールドCは、オールウェザーで行われていた10〜14年を除くと、米国の実績最上位の馬が圧倒的な好成績を残している。

 今年、その座にいるのはウエストコーストだ。3歳時の昨年は同世代相手のG1を連勝。BCクラシックと今年初戦のペガサスワールドCでは1世代上のガンランナーにこそかなわず3着、2着と敗れたものの、王者に真っ向勝負を挑むだけの力量を見せた。

 好位から早めに押し上げるスタイルで、コーナーで加速できる器用さがある。逃げの手にも出られる自在性があり、〈6310〉の成績が示す通り崩れる可能性の極めて小さい馬だ。

 相手候補はいずれも弱点を抱える。タリスマニック(仏国)は昨年のBCターフを制した芝の一流馬だが、初ダートが大きな割引に。フォーエヴァーアンブライドルド(米国)は牝馬限定G1でも大差で勝った記録はなく、牡馬相手では疑問。地元UAEのノースアメリカサンダースノーは力不足と思われる。

 ガンネヴェラとムブタヒージの米国勢が2番手を争うが、ムブタヒージとの比較ならアウォーディーもほとんど差はない。いずれにせよ、ウエストコーストの相手探しムードだ。(海外競馬コーディネーター・田中敬太)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す