スマートフォン版へ

【大阪杯】スワーヴリチャード機は熟した G1初Vへ万全仕上げ

  • 2018年03月27日(火) 06時00分
 「大阪杯・G1」(4月1日、阪神)

 もう決めなければならない。スワーヴリチャードが待望のG1初制覇で、18年の快進撃をスタートする。

 3度のG1挑戦はその壁にはね返された。皐月賞6着、ダービー2着とクラシックで無冠に終わり、有馬記念は4着に敗れた。4歳の18年こそは-。熱い思いを抱いて迎えた金鯱賞は盤石のレース運びで快勝。始動戦で好発進を決め、M・デムーロは「いい勝ち方だった。余裕があったから、最後は耳を絞っていたけど。いい馬だし、成長も感じる」と力強くうなずく。

 ただ、今回は右回りの阪神。重賞3勝の左回りに対し、右回りは未勝利戦の1勝と左右の実績に差がある。癖が目立ったのは有馬記念。直線で内にモタれて他馬と接触する場面があった。主戦は「右、左は関係ない。どっちでも苦しいとモタれる。賢いけど、性格が悪い」と説明。久保助手は「調教のスピードではモタれないけどね。有馬記念もモタれてなかったらと思うだけに…。右回りでスムーズな競馬ができるか。そのあたりはミルコも分かっているから」と鞍上の手腕に託す。

 仕上げは万全だ。前走は10キロ増で出走。「成長分。体高も伸びて大きくなったし、古馬らしくなった。自分で体をつくる馬。使った上積みもありそう」。仕上げ人は出来の良さに胸を張る。遅咲きといわれるハーツクライ産駒。この馬も例外ではなく、緩やかな成長曲線を描き続ける。「これからの馬。何とかG1を獲りたい」。機は熟した。初の戴冠で古馬王道路線の主役を張る。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す