スマートフォン版へ

ゴールドアクターなど、大阪杯厩舎情報/美浦トレセンニュース

  • 2018年03月28日(水) 18時45分
 大阪杯(GI・阪神芝2000m)に美浦から出走するゴールドアクター(牡7、美浦・中川公成)とメートルダール(牡5、美浦・戸田博文)が、ウッドチップコースでそれぞれ最終追い切りを行った。追い切り後の関係者のコメント。

ゴールドアクターについて、篠島調教助手。
「前走(AJCC・GII・11着)後は短期放牧に出しました。こちらにすぐ乗れる状態で戻ってきましたが、最近はズブい面がありますので、5ハロンから速めにピリッとするような追い切りをしています。先週は時計は出ていましたが、好調な頃に比べて最後の切れが今ひとつでした。今日(3/28)は前の馬を2、3馬身後ろから追いかけて、終い抜け出す形の追い切りでした。予定通りにはできましたが、まだ最後弾けませんでしたし、ギアの上がり方も今ひとつですね。

 前走は11着でしたが、幸い悪いところがない状態で戻ってきました。休みが長かったですし、年齢を重ねていることで、結果的には仕上がり不足だったと思います。今回は体がフックラして毛ヅヤも良いですが、本当に良い頃には戻りきっていないように思います」

メートルダールについて、戸田調教師。
「前走(金鯱賞・GII・8着)は展開が合わなかったですし、流れに乗った競馬ができなくて不完全燃焼でした。その分、ダメージもなく中2週でも元気です。今朝(3/28)は、ウッドチップコースで併せ馬の追い切りでした。霧の中で時計はわかりませんでしたが、近くで見ていたスタッフによると、ゴール前の動きは良かったとのことですし、状態は良いですね。

 久々の右回りになりますが、特別左回りを選んで使っていたわけではないですし、問題はないでしょう。2走前(中日新聞杯・GIII・1着)は時計だけ見れば前走の勝ち時計より優秀ですし、しっかり走れればと思います。ゼンノロブロイ産駒なのでスローの瞬発力勝負になって器用さが必要な競馬ではモロさが出ますが、トータルで時計が速いレースは大丈夫です」

(取材・文:佐々木祥恵)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す