スマートフォン版へ

【ドバイWC】アウォーディー最後の伸び上々 武豊も意欲満々

  • 2018年03月29日(木) 06時00分
 「ドバイワールドカップ・UAE・G1」(31日、メイダン)

 日本馬で唯一の参戦となるアウォーディーは28日、武豊が騎乗して、ダートコースで最終追い切り。しまい重点の内容で5F66秒6-11秒9。時計通り、最後の伸びは上々だった。

 武豊は「馬のコンディションは今年の方がいい。左回りの方がスムーズな走りをするし、前回1600メートルを使ったことがいい方に出れば」と金星ゲットへ意欲満々だ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す