スマートフォン版へ

メンデルスゾーン18.5馬身差圧勝でまたムーア騎手! 日本馬2頭は着外/UAEダービー

  • 2018年04月01日(日) 01時07分
 31日にドバイのメイダン競馬場で行われたUAEダービー(G2・ダート1900m・1着賞金1,200,000米ドル=約1.3億円)は、ハナを奪ったR.ムーア騎手騎乗のメンデルスゾーン(牡3、愛・A.オブライエン厩舎)が直線に入り後続を引き離すと、そのまま18馬身半もの大差をつけ圧勝。勝ちタイムは良馬場で1:55.18。ムーア騎手は1Rのゴドルフィンマイルに続く勝利。

 2着はP.ドッブス騎手騎乗のライヤ(牝3、首・D.ワトソン厩舎)、3着はJ.カステリャーノ騎手騎乗のリライド(牡3、米・S.アスムッセン厩舎)。

 日本から参戦したJ.モレイラ騎手騎乗のタイキフェルヴール(牡3、栗東・牧浦充徳厩舎)、C.ルメール騎手騎乗のルッジェーロ(牡3、美浦・鹿戸雄一厩舎)はともに後方からレースを進め、レース中盤に押し上げるも直線伸びずタイキフェルヴールは6着、ルッジェーロは8着だった。

 勝ったメンデルスゾーンは父Scat Daddy母Leslie's Lady、その父Tricky Creekという血統。昨年、米国に遠征しブリーダーズCジュヴェナイルターフ(G1・芝1600m)で芝のG1タイトルも獲得している。半姉に米の名牝ビホルダーがいる。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す