スマートフォン版へ

横山義行元騎手の次男・琉人君がJRA競馬学校入学「中山大障害勝ちたい」

  • 2018年04月04日(水) 06時00分
 JRA競馬学校・騎手課程第37期生の入学式が3日、千葉県白井市の同校で行われ、兵庫の永島太郎騎手(44)の次女で、唯一の女子入学者となった永島まなみさん(15)、JRAの横山義行元騎手の次男・横山琉人君(15)、西谷誠騎手の長男・西谷凜君(15)ら7名が晴れの日を迎えた。

 横山琉人君(15)は、父である義行元騎手の姿を見て騎手を志した。「ダービーを勝ちたいですが、それ以上に勝ちたいのは中山大障害」と、父が98年ビクトリーアップ、07年にメルシーエイタイムで制した障害最高峰レースを挙げる。息子の意気込みを聞いた義行さんは「これからの3年間は大変だろうが、頑張って無事に卒業してほしい」と話した。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す