スマートフォン版へ

大井の荒山勝徳調教師が通算500勝達成

  • 2018年04月17日(火) 05時59分
 16日、大井3Rで真島大輔騎手騎乗のリヴァリーシップ(牝3、大井)が1着となり、管理する荒山勝徳調教師が地方通算500勝目をあげた。3021戦目での達成。

(荒山調教師のコメント)
「開業のときから数字を気にしたことはないですね。周りからも500勝が近いことを言われていましたが、なるべく意識しないようにしていました。ただ、こんなに早く達成できたのはオーナーの方々や厩舎のみんなのおかげです。達成後には電話やメールでお祝いコメントをいただいて本当にうれしかったです。

 オーナーの方々には素晴らしい馬を預けていただいているので今後も頑張っていきたいです。これから600勝、700勝とまだまだ勝ちに行きます。一つずつ勝つのも大切ですが、大きいところも狙っていきたいですね。皆さんの声援が力になるので、応援よろしくお願いします」

 1968年12月28日生まれ。2007年7月30日大井2Rで管理馬(テラノクリスティー)がデビュー、初勝利は同年9月3日大井6R(トカチヒビキ)。2017年JBCレディスクラシック(JpnI)を含む重賞21勝。

(TCK特別区競馬組合のリリースより)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す