スマートフォン版へ

テイエムオペラオーが死亡 和田竜二騎手を背に“グランドスラム”達成など当時の世界賞金王

  • 2018年05月20日(日) 19時21分
 和田竜二騎手とのコンビで2000年にGI・5つを含む8連勝を記録するなど、競走生活通算で国内最多記録となる芝GI・7勝を挙げたテイエムオペラオーが17日、繋養先の白馬牧場で心臓まひのため死亡した。22歳。

 1997年の北海道10月市場で1050万円で落札された同馬は1998年の8月、栗東・岩元市三厩舎からデビュー。追加登録料を支払い当時21歳の和田騎手を背に1999年の皐月賞でGI初制覇。アドマイヤベガナリタトップロードらとのライバル関係の中、日本ダービーで3着、菊花賞で2着とクラシックで好走を続けた。

 年末の有馬記念グラスワンダースペシャルウィークに続く3着となった翌年、快進撃が始まった。始動戦の京都記念(GII)から阪神大賞典(GII)、天皇賞・春(GI)、宝塚記念(GI)、京都大賞典(GII)、天皇賞・秋(GI)、ジャパンC(GI)、有馬記念(GI)と8連勝を記録。そのすべてが1番人気だった。この5つのGIをすべて勝利する通称「グランドスラム」を達成した馬はテイエムオペラオー以外には存在しない。

 2001年初戦の大阪杯で連勝は途切れたものの、この年も天皇賞・春を制覇。シンボリルドルフと並ぶ芝GI・7勝を達成した。また、テイエムオペラオーが勝利したGIのうち5回でメイショウドトウが2着となったことも話題となった。

 通算成績は26戦14勝。生涯獲得賞金18億3518万9000円は当時の世界最高額。JRA顕彰馬選出(2004年)、JRA賞年度代表馬(2000年)、JRA賞最優秀4歳以上牡馬(2000年)、JRA賞最優秀3歳牡馬(1999年)。出走したすべてのレースで和田竜二騎手が騎乗した。

 種牡馬入り後は障害重賞3勝のテイエムトッパズレ、2008年の東京ハイジャンプ(JG2)を制したテイエムエースと、2頭の障害重賞勝ち馬の父となった。20日は東京12Rにテイエムコンドル、新潟11Rにテイエムヒッタマゲが出走する。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す