スマートフォン版へ

ローレンスが大接戦の仏オークスを制しG1・3勝目

  • 2018年06月18日(月) 15時00分
 17日にフランスシャンティイ競馬場で行われたディアヌ賞(仏オークス・G1・芝2100m)は、2番手からレースを進めたP.J.マクドナルド騎手騎乗のローレンス(牝3、英・K.バーク厩舎)が直線先頭に立つと、激しい叩き合いから粘り切り優勝。勝ちタイムは稍重で2:06.11。

 2着はムーシースアミーカ(牝3、仏・A.ファーブル厩舎)、3着はオメリク(牝3、仏・F.グラファール厩舎)。人気のシャナーザ(牝3、仏・A.ドゥロワイエデュプレ厩舎)は7着、G1・2勝のハッピリー(牝3、愛・A.オブライエン厩舎)は4着だった。

 ローレンスは父Siyouni、母Recambe、その父Cape Crossという血統。フィリーズマイル、サンタラリ賞に続くG1・3勝目を挙げた。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す