スマートフォン版へ

【中京記念】栗東レポート ウインガニオン

  • 2018年07月18日(水) 13時16分
7月22日(日)に中京競馬場で行われる第66回中京記念(GIII)に登録しているウインガニオン(牡6、栗東・西園正都厩舎)について、追い切り後の西園正都調教師のコメントは以下の通り。

(前走の安田記念7着を振り返って)
「久しぶりということで、今回のレースを意識して、それぐらいの斤量(57.5キロ)になるだろうと想定していました。このレースに備えてしっかりとダッシュがつくようにあのようなレースをさせました」

(前走後の調整について)
「間があいていましたので、一回放牧に出しまして、早めに連れて帰ってきました。先週までに3本しっかりやれています。今日は上がり重点で伸ばしました」

(最後追い切りを振り返って)
「最初はゆっくり入って、上がりは12秒4で、長めの時計も51秒8でしっかりと時計が出ています。この馬の状態としては100%の出来だと思います」

(今回のレースに向けて)
「典型的な夏馬ということで、夏の間に良績が集中しています。去年同様にこのレースは勝ちにいきたいなと思っています。実績を見ても夏に8勝中7勝を挙げていますので、夏馬だと思います。

 状態としては去年と同様にすごく良い状態で来ています。先行して、ハナにも行ける脚もあって、それで最後までしっかりと脚を残せるところがこの馬の特徴だと思います。特徴を生かして一生懸命頑張りたいと思います。

 去年57キロで勝っていますので、0.5キロプラスは想定の範囲かなと思っています。去年は速い馬がいたので2番手からの競馬になりましたが、先行してハナに行ければ行って、2番手なら2番手で折り合って競馬をしたいです。

 夏のウインガニオンらしい競馬をさせたいと思いますので、応援のほどよろしくお願いいたします」

(取材:米田元気)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す