スマートフォン版へ

【函館2歳Sレース後コメント】アスターペガサス小崎綾也騎手ら

  • 2018年07月22日(日) 17時17分
函館11Rの函館2歳ステークス(2歳GIII・芝1200m)は2番人気アスターペガサス(小崎綾也騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒4(良)。ハナ差の2着に7番人気ラブミーファイン、さらに3/4馬身差の3着には3番人気カルリーノが入った。

アスターペガサスは栗東・中竹和也厩舎の2歳牡馬で、父Giant's Causeway母R Heat Lightning(母の父Trippi)。通算成績は2戦2勝。

〜レース後のコメント〜
1着 アスターペガサス(小崎綾也騎手)
「新馬戦を使って馬が良くなっていて、今日のレースが楽しみでした。ゲートが課題の馬ですが、道中はしっかり動いてくれました。最後の直線では届かないかと思い、必死で追いました。ゴールに入っても勝ったかどうか分からなかったので、検量室に戻って勝っていると言われてホッとしました。初めて重賞を勝ち、今までにないくらい嬉しいです」

(中竹和也調教師)
「スタートが課題です。ゲートが開くと中で一旦戻るようになってから出て行く癖があります。道中では間に合わないかと思いました。ウッドコースの調教で動くので、ダートでも走ると思いますが、芝路線を進みたいです。あと2ハロンはこなしてほしいです」

2着 ラブミーファイン(丸山元気騎手)
「あれで最後かわされるとは......。勝った馬が強いです」

3着 カルリーノ(藤岡佑介騎手)
「良い位置を取って、しっかりと走っていました。将来性があります」

4着 エムティアン(三浦皇成騎手)
「返し馬のときに芝は大丈夫だと思いました。良いスピードがあります」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す