スマートフォン版へ

【JRA】チェッキーノ、屈腱炎再発で引退…2016年オークス2着馬

  • 2018年08月16日(木) 14時45分
 2016年のオークス2着馬チェッキーノ(牝5、美浦・藤沢和雄厩舎)が、左前脚の屈腱炎再発のため現役を引退、繁殖入りすることがわかった。所属するサンデーサラブレッドクラブが発表した。

 チェッキーノ父キングカメハメハ母ハッピーパスその父サンデーサイレンス。全兄に東京スポーツ杯2歳Sなど重賞2勝のコディーノがいる血統。

 2歳未勝利、アネモネSフローラSと3連勝で臨んだ2016年のオークスで、勝ったシンハライトからクビ差の2着に好走。その後は左前脚屈腱炎のため長期休養を挟み、今年6月の米子S(7着)でおよそ2年ぶりに復帰。先週の関屋記念(7着)がラストランとなった。

 通算成績は7戦3勝。獲得賞金は1億2813万6000円。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す