スマートフォン版へ

JRA重賞2勝馬レーヴミストラル、レックススタッドで種牡馬入り

  • 2018年09月20日(木) 19時10分
 2015年の青葉賞(GII)、2016年の日経新春杯(GII)に優勝したレーヴミストラル(牡6)が、9月14日に北海道新ひだか町のレックススタッドにスタッドインした。

 同馬は8月25日のBSN賞(OP)12着を最後に競走馬登録が抹消されたのち、楽天サラブレッドオークションにおいて、クラブ法人の株式会社YGGオーナーズクラブなどを所有する株式会社YGGDRASILL(ユグドラシル)が落札した。

 父キングカメハメハ母レーヴドスカー、母の父Highest Honor という血統で、半姉に2010年の阪神ジュベナイルF(GI)を含む重賞3勝のレーヴディソール(父アグネスタキオン)、半兄に2009年の青葉賞(GII)を優勝したアプレザンレーヴ(父シンボリクリスエス)がいる。

「現役時代から血統的にも注目していたこの馬をオークションで目にして、何とかその血を繋げていきたいという気持ちになりました」とYGGDRASILLの担当者は話す。最後は競り合いになったが、熱意が通じたのか無事落札。「血統もさることながら、サンデー系の肌馬が多い中、サンデーサイレンスの血が入っていないというメリットがあると考え、種牡馬として繋養することにしました」(YGGDRASILLの担当者)。

 11月には試験交配が行われ、問題がなければ正式に種牡馬の仲間入りとなる。オークション出身ではオルフェーヴルの全弟リヤンドファミユが種牡馬になった例があるが、オークションで落札された馬が種牡馬入りするのはまだ珍しいだけに、レーヴミストラルの今後に注目が集まりそうだ。

(取材・文:佐々木祥恵)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す