スマートフォン版へ

【府中牝馬Sレース後コメント】ディアドラ C.ルメール騎手ら

ラジオNIKKEI
  • 2018年10月13日(土) 17時31分
東京11Rのアイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(3歳以上GII・牝馬・芝1800m)は1番人気ディアドラ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分44秒7(良)。クビ差の2着に2番人気リスグラシュー、さらに半馬身差の3着に7番人気フロンテアクイーンが入った。

ディアドラは栗東・橋田満厩舎の4歳牝馬で、父ハービンジャー母ライツェント(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は19戦7勝。

〜レース後のコメント〜
1着 ディアドラ(C.ルメール騎手)
「今日はすごくいいレースをしました。後ろからで、直線に入ったときには少し心配でした。良馬場で後ろからでは難しいですからね。それでも彼女はずっとリラックスしていて、直線はすごくいい脚を使ってくれました」

2着 リスグラシュー(M.デムーロ騎手)
「残念です。すごくいい競馬をして最後まで伸びていましたが、今日は勝った馬が強すぎました」

3着 フロンテアクイーン(蛯名正義騎手)
「このメンバーを相手にこれだけ頑張っているのですから、大した馬です。今まではスムーズに行けないところと脆いところがあったのですが、そのあたりが成長してきました。本来ならこの馬の勝ちパターンだったのですが、それを差した上位2頭は強すぎました」

4着 ジュールポレール(幸英明騎手)
「(上位と)そんなに差はなかったです。前回ヴィクトリアマイルを勝った時もそうですが、使って良くなるタイプだと思います」

7着 アドマイヤリード(田辺裕信騎手)
「スローの瞬発力勝負になればこの馬に良かったのですが、ペースが淡々と流れてしまいました。最後の直線で勝ち馬と一緒に上がって行けたら良かったのですが、この馬なりに頑張っています」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す