スマートフォン版へ

秋華賞ダイジェスト/勝ちタイムは1分58秒5(良)

  • 2018年10月14日(日) 19時27分
2018年 秋華賞(GI・京都芝2000m/天気:晴/馬場:良/17頭立て)

 8番トーセンブレス、9番サトノガーネットがスタートで出遅れ。13番ミッキーチャームがダッシュ良くハナに立ち、これに4番ランドネ、12番オスカールビー、15番ハーレムラインなどが続いて最初のコーナーへ。

 1コーナーを回って、ミッキーチャームのリードは1馬身。オスカールビーが2番手、直後にランドネハーレムライン、その外に17番サヤカチャンが続く。1馬身差で1番ラテュロスと7番ラッキーライラック、1馬身差の外に14番ゴージャスランチ、その内に5番サラキアと10番オールフォーラヴ、さらに1馬身後ろに11番アーモンドアイがいる。

 1馬身半差で2番カンタービレ、直後にトーセンブレスと18番ダンサール、1馬身半差で6番パイオニアバイオと16番プリモシーンが続き、さらに1馬身後ろの最後方がサトノガーネットとなった。前半1000mの通過タイムは59.6秒。3コーナーに入って各馬動き出すが、ラッキーライラックはムチが入っても反応が悪い。アーモンドアイは大外を回って直線勝負に賭ける態勢。

 直線に入って、ミッキーチャームのリードは2馬身。余力も十分で、ランドネラテュロスといった先行勢は差を詰められない。替わってサラキアアーモンドアイカンタービレなどが脚を伸ばしてきている。残り200mを切ってもミッキーチャームがリードを保っていたが、ここでアーモンドアイが物凄い脚で上がってきた。アーモンドアイはそのままミッキーチャームを一気に交わしてゴール。圧倒的人気に見事応え、史上5頭目の牝馬3冠を達成した。

 ミッキーチャームは1.1/2馬身差で2着。さらに1馬身差の3着にはカンタービレが入った。以下4着サラキア、5着ラテュロスラッキーライラックは9着だった。勝ちタイムは1分58秒5(良)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す