スマートフォン版へ

【天皇賞】レイデオロ追い切り中止 騎手下馬も…藤沢和師「異常なし」

  • 2018年10月18日(木) 06時00分
 「天皇賞(秋)・G1」(28日、東京)

 ひそかに暗雲が漂い始めた。秋の始動戦となったオールカマーを快勝。余勢を駆って挑むレイデオロが突然、ピンチに見舞われた。

 17日、美浦Wで先導役2頭を追走していたが、本来の推進力を発揮できない。見守る関係者も異変に気づいてざわつき始めると、直線では騎乗した五十嵐(レースではルメール)が必死に手綱を押さえる異常事態に。フィニッシュラインを過ぎてから、向正面でついに下馬してしまった。

 五十嵐は「馬場がボコボコしていたせいで右手前の歩様が乱れて…。正直、故障したかと思ったけど、止めてからはいつもの歩様に戻ってました」と説明したが、動揺は隠せない。

 藤沢和師も直後に歩様を確認した後、念のためにトレセン内の競走馬診療所で診察を受けさせた。「異常なしとのこと。天皇賞へ向かうのは予定通り。日曜(21日)に軽く時計を出して、来週に備えます」と明言したが、本番まであと10日。仕切り直しの時間はそう長くはない。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す