スマートフォン版へ

ビーチサンバなど、今週の主要調教馬場の時計/栗東トレセンニュース

  • 2018年10月18日(木) 12時30分
 今週の栗東は16日が厩舎従業員レクレーションのため、全休日となり、17日の水曜日が全休明けなので、追い切りは少なめ。よって、追い切りは18日の木曜日に集中している。

 気温は18日の調教開始時刻が10℃。かなり肌寒くなっており、冬毛が生えるようになった馬も出てきている。人間でも体調管理の難しい季節だが、馬も同様で追い切りの時点では調子が良くても、輸送することで体調が変化することもあるようなので注意したい。

【坂路/4F51.9秒】
 17日。一番時計はエンゲルヘン(栗東・五十嵐忠男厩舎)の4F51.0秒。4F51秒台は20頭ほどだったが、追い切り頭数を考えると、ある程度時計が出やすい馬場状態だったと考えてよいだろう。

 とはいえ、素晴らしい動きを見せたのがレッドアヴァンセ(栗東・音無秀孝厩舎)。富士S(10月20日・東京芝1600m)に出走するため、休日返上で16日に調整を行い、この日に備えていたが、時計は4F51.4〜3F37.3〜2F24.0〜1F11.9秒。全体が速い時計でありながら、ラストは12秒を切る伸び。手応えには余裕があって、まだまだ伸びていきそうな感じ。休み明けになるが、そんな印象は全くない。

 18日。一番時計は4F50.9秒が4頭。時計が出た時間帯は朝一番の開門直後、1回目のハロー終了後、2回目のハロー終了後と走りやすい時間帯に集中している。4F51秒台の頭数も非常に多く、その中には2歳新馬が何頭かいただけに、先週と比べてもかなり走りやすい馬場ということでよいだろう。

 先週11日の馬場差は「+0.8秒」。かなり時計を要する状態だった先週に比べると、好天が続いていることもあって、今週は時計が出やすい、走りやすい馬場。よって、馬場差は17日、18日とも『-0.3秒』で記録することにした。

【CW/5F66.0秒】
 17日。先週の時点で基準時計よりも数字が出る馬場になっていたCコース。今週はそれ以上に時計が出やすくなっている印象を受けた。

 18日。前日同様、走りやすい馬場状態は間違いない。とはいえ、素晴らしい動きを見せたのが友道康夫厩舎の2歳2頭。

 まずはアルテミスS(10月27日・東京芝1600m)の出走を予定しているビーチサンバ。レースでも騎乗予定の藤岡康太騎手が跨り、道中は前走よりも弾むようなフットワークになってきた。前に2頭いて、それを追いかけていたが、並ぶ間もなく抜き去って、楽々と先着のゴール。時計は6F82.8〜5F67.7〜4F52.9〜3F38.3〜1F11.7秒と数字は平凡だが、ラストの伸びは迫力十分といった感じ。

 その後、1回目のハローが終了して、しばらくした時間に単走で追い切ったのが、デイリー杯2歳S(11月10日・京都芝1600m)を予定しているアドマイヤマーズ。こちらは先週栗東へ帰厩したばかりだが、走りの安定感が半端ない。本当に完成度が高く、その動きを見ているとG1を意識せずにはいられない。

 時計は6F84.1〜5F69.5〜4F54.7〜3F40.4〜1F12.6秒と、それこそ数字は平凡だが、走っている時に重心にブレがないところが素晴らしい。まだ時間がある状態でこの動きだから、レースが近くなってきたら、どんな動きを見せるか想像するだけでワクワクしてくる。

 先週の馬場差は「-0.5秒」。今週はそれ以上に時計の出やすい馬場であることは間違いない。よって、今週の馬場差は、17日も18日も『-1.0秒』で記録することにした。

【DP/5F64.5秒・D芝/5F63.0秒】
 今週の芝馬場で18日に追い切りを1組確認した。芝の状態は好天が続いていることもあり、走りやすい印象。よって馬場差は『±0.0秒』で記録している。

 最近は追い切り頭数が多かったポリトラックだが、ここ2週はかなり追い切り頭数は落ち着いた。今週の馬場差も先週と同じ『+0.0秒』で記録している。

※調教馬場横の数字は基準時計。この数字以下の時計であれば、標準より速い時計と判断してよい。

(取材・文:井内利彰)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す