スマートフォン版へ

函館スプリントS、最低人気ビーナスラインが優勝

  • 2006年07月02日(日) 15時25分
 2日、函館競馬場で行われた函館スプリントS(GIII・芝1200m)は、秋山真一郎騎手騎乗の13番人気ビーナスライン(牝5、美浦・堀宣行厩舎)が、道中後方追走から直線外を豪快に追い込み、中団から伸びた1番人気シーイズトウショウに2.1/2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分09秒1(良)。さらに1/2馬身差の3着には10番人気ブルーショットガンが入った。

 勝ったビーナスライン父フジキセキ、母は96年4歳牝馬特別・西(GII)2着のホクトペンダント(その父パークリージェント)という血統。祖母に89年桜花賞(GI)2着のホクトビーナス、姪に06年フィリーズレビュー(GII)2着のユメノオーラ(牝3、栗東・川村禎彦厩舎)がいる。03年9月にデビューし、初勝利までに7戦を要したが、その後は主に芝の短距離で安定した成績を残していた。前走のフリーウェイS(1600万下)では11着に敗れており、今回が重賞初出走での制覇となった。通算成績27戦6勝(重賞1勝)。

 管理する堀宣行調教師は02年にJRA調教師免許を取得し、今回が重賞初制覇。鞍上の秋山真一郎騎手サカラートで制した05年東海S(GII)以来のJRA重賞通算12勝目となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す