スマートフォン版へ

【菊花賞】最後の1冠はフィエールマン! 関東馬17年ぶりのV!/JRAレース結果

  • 2018年10月21日(日) 15時47分
 21日、京都競馬場で行われた菊花賞(3歳・牡牝・GI・芝3000m)は、中団でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の7番人気フィエールマン(牡3、美浦・手塚貴久厩舎)が、直線で馬群の間を抜けて、早め進出から一旦は先頭に立っていた2番人気エタリオウ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)との叩き合いを制し、これにハナ差をつけ優勝した。勝ちタイムは3分6秒1(良)。

 さらに1.1/2馬身差の3着に10番人気ユーキャンスマイル(牡3、栗東・友道康夫厩舎)が入った。なお、1番人気ブラストワンピース(牡3、美浦・大竹正博厩舎)は4着、3番人気エポカドーロ(牡3、栗東・藤原英昭厩舎)は8着に終わった。

 勝ったフィエールマンは、父ディープインパクト母リュヌドールその父Green Tuneという血統。ゴール前の激戦を見事制し、牡馬クラシック最後の1冠を手にした。キャリア3戦(今回が4戦目)での菊花賞制覇は史上初。関東馬の菊花賞制覇は2001年のマンハッタンカフェ以来、17年ぶり。

【C.ルメール騎手のコメント】
調教で乗って凄くいい感じで、前走も負けはしましたがいいレースをしていましたから、自信はありました。距離も心配していませんでした。
(ゴールした時は)負けたと思いました。直線は少し狭いところにいましたが、抜ける時の反応は凄かったです。ラスト50mでデムーロさんの馬がもうひと頑張りしたので、ギリギリでしたね。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す