スマートフォン版へ

「ベストターンドアウト賞」 ブラストワンピースの八木大介調教助手が受賞

  • 2018年10月21日(日) 18時01分
本日、菊花賞のパドックで、世界主要GIレースでも実施されている、"もっとも美しく手入れされた馬を担当する厩舎スタッフ"の努力を称え表彰する「ベストターンドアウト賞」の審査が行われ、ブラストワンピースの八木大介調教助手が受賞した。

【受賞者】
ブラストワンピース 八木大介調教助手(大竹正博厩舎)

【審査委員】
松本伸之氏(奈良国立博物館 館長)
佐々木正子氏(嵯峨美術大学 教授)
長浜博之氏(元JRA調教師)

【審査基準】
「馬がよく躾けられ、美しく手入れされ、かつ人馬の一体感を感じさせる引き馬(リード)が行われているか」

●八木大介調教助手のコメント
「二度目の受賞は身に余る思いで光栄です。常日頃からブラッシングには気を遣っています。躾についても厩舎全体で停止・後退などさせていて、扱いやすい馬に仕上げています。ありがとうございました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す