スマートフォン版へ

調教で古馬準OPに先着のサトノライジン、和田騎手を背に京都2000mで始動/関西馬メイクデビュー情報

  • 2018年10月22日(月) 18時00分
 先々週から3場開催となり、メイクデビューも各地で数多く行われているが、先週は除外される頭数の多いレースが目立った。10月21日(日)の東京ダート1600mはフルゲート16頭に対して、8頭の除外が出たが、これはこのカテゴリーの番組数を考えれば仕方ないのかなといったところ。

 同日、新潟芝1600m(牝)はフルゲート18頭に対して10頭の除外が出た。似たような番組は10月20日(土)京都芝1400m(牝)という番組(フルゲート18頭)があったが、ここも3頭の除外が出ている。やはり「牝馬限定」という条件が人気なのだろう。

【10月27日(土) 京都芝2000m】

◆サトノライジン(牡、父ブラックタイド、母プロフェシーライツ、栗東・南井克巳厩舎)

 母系には芝で5勝を挙げたスピリッツミノル(父ディープスカイ)や南井克巳厩舎で管理され、芝で5勝を挙げたサトノパンサー(父キングカメハメハ)がいる血統。本馬は2017年セレクションセール1歳にて、3780万円で落札されている。

 9月27日の芝馬場では平凡な動きと時計だったが、翌週のCWでは併せた新馬をちぎって先着する派手な内容。10月12日のCWでは6F81.5秒を楽々とマークしており、10月18日の坂路では4F51.3秒で古馬1000万下のサトノプライムに2馬身ほど先着した。トラックでも坂路でもこれだけ動けば、勝ち負けの水準レベルは楽に超えている。あとは芝が不良馬場だったので動かなかったとすれば、レース当日は軽い馬場が希望だろう。鞍上は和田竜二騎手が予定されている。

【10月27日(土) 東京芝1600m(牝)】

◆アオイエンジェル(牝、父ハーツクライ、母シルバートレイン、栗東・西園正都厩舎)

 母系にはブラックホーク(父Nureyev)やピンクカメオ(父フレンチデピュティ)といった...

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す