スマートフォン版へ

今週来日のC.オドノヒュー騎手と 全姉は新馬勝ちのレッドベルディエスが始動/関東馬メイクデビュー情報

  • 2018年10月22日(月) 18時00分
 先週の土曜5Rで行われた新馬戦(芝2000m)では祖母がエアグルーヴのランフォザローゼスとサトノダイヤモンドの全弟にあたるサトノジェネシスが出走。注目の良血馬対決はランフォザローゼスが勝利し、サトノジェネシスは惜しくも3着だった。

 他にもダート路線でゴルトマイスターが3馬身半差の快勝を収めるなど、当ニュースで取り上げたデビュー馬が続々と勝ち星を収めており、今週も初戦から期待できる注目馬をご紹介。

◆ヴァンランディ(牡、父キングカメハメハ、母ハッピーパス、美浦・藤沢和雄厩舎)

 サンデーサイレンス産駒の母は京都牝馬Sの勝ち馬。6歳上の全兄にコディーノ(札幌2歳S、東スポ杯2歳S)、3歳上の全姉にチェッキーノ(フローラS)、伯母にシンコウラブリイ(マイルCS)がいる。ゲート試験に合格後はノーザンファーム天栄で乗り込み、9月30日に再入厩。坂路とウッドチップコースを交え、じっくりと追い切りの本数を積み重ねてきた。

「牡馬のわりに小柄だけど、この血統らしく、いい意味で敏感な性格。キャンターに行けば力強さもあるし、ギアチェンジが速そう。そのあたりはコディーノを彷彿とさせる雰囲気だし、いい瞬発力がありそうです」と津曲調教助手。10月28日、東京の芝1800mをC.ルメール騎手で予定している。

◆レディマクベス(牝、父ハーツクライ、母レディオブオペラ、美浦・藤沢和雄厩舎)

 Singspiel産駒の母は通算5勝、シルクロードS2着など...

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す