スマートフォン版へ

【天皇賞・秋】豪華メンバーの一戦、好走条件を満たす穴馬に注目/JRAレース展望

  • 2018年10月23日(火) 06時00分
 今年の天皇賞(秋)に特別登録したのは15頭。ワグネリアンがすでに回避を表明、中1週となるディアドラも回避が濃厚で、13頭立てにとどまる公算が大きい。しかし、その13頭のなかでGI勝ち馬は7頭。それ以外にGII勝ち馬も3頭と、さすがに天皇賞らしい豪華なメンバーが揃った。

1.スピード競馬に対応できるか

 昨年は超のつく不良馬場になったが、勝ったキタサンブラックは芝1800mではスプリングSを含めて2戦2勝で、距離短縮に対応できる素地はあった。一昨年の勝ち馬は近年最強マイラーのモーリスで、2着も安田記念から直行したリアルスティール。2015年の勝ち馬ラブリーデイはその年の中山金杯をレコード勝ち、2着のステファノスはマイルの富士S勝ち馬だ。良馬場で行われた近年の天皇賞(秋)は、スピード競馬への対応能力が問われる結果になっている。

2.休み明けは割引が必要

 以降のGI戦線を睨んで、春以来の久々で臨む馬が少なくないが、3か月以上の休み明けでここを制したのは、最近10年間ではキタサンブラックブエナビスタの2頭のみ。それ以前ではメイショウサムソンシンボリクリスエスがいるが、いずれもその時点でGIを複数勝っていた年度代表クラスの馬だった。

3.毎日王冠は負けるが勝ち

 過去10年で毎日王冠の勝ち馬が秋の天皇賞に出走したことは8回あるが、連勝したのは2008年のカンパニーただ一頭。人気以上の着順に走ったのもカンパニーだけだ。2012年のエイシンフラッシュ、2013年のジャスタウェイ、2014年のスピルバーグは、いずれも毎日王冠の敗戦から巻き返して天皇賞を勝利している。中2週と間隔が詰まっていて連続好走が難しいローテーションでもあり、負けた組の巻き返しに妙味がある。


 キセキ菊花賞の勝ち馬だが、祖母が快速馬ロンドンブリッジということもあって、本質はステイヤーではなかったのだろう。毎日王冠では春に見せた折り合い面の難点は微塵も見せずに3着。1分44秒台の走破時計も優秀だ。芝2000mで2戦2勝という実績が示すとおり、距離延長は間違いなくプラスで、前走で58kgを背負っていたことも強調できる。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す