スマートフォン版へ

【JRA】マカヒキ武豊騎手「思っていたよりパワフルな感じ」/天皇賞(秋)共同会見

  • 2018年10月24日(水) 20時00分
マカヒキに騎乗予定の武豊騎手

――騎乗依頼を受けたときの印象は?
武豊 これだけの馬なのでお話をいただいてすごく嬉しかったですね。ひじょうにワクワクしました。何といってもダービー馬で世代の頂点に立った馬ですからね。先々このように乗るチャンスがあるとは思っていなかったのですがよく見ていた馬です。いつか乗るチャンスがあればいいな、と思っていました。お話をいただき嬉しかったです。

――1週前追い切りに騎乗したときの感想は?
武豊 さすがダービー馬というか、いい動きでした。乗り味も素晴らしかったですし、厩舎サイドから状態のほうはいいと聞いていましたが、実際乗ってそう思いました。さらにレースが楽しみになりました。

――乗る前と後で(感触の)変化は?
武豊 それほど驚くような印象の違いはなかったですけど、思っていたよりちょっとパワフルな感じでしたね。もう少しシャープな感じのイメージを持っていたんですけど、もちろんシャープなところもあるんですけど、だいぶ力強さを感じました。(事前にこれまで騎乗していた)ルメールと話をさせてもらって、それほど大きなクセはないと言っていたので、実際そうでしたね、わりと乗りやすいほうでした。

――東京芝2000mで走るイメージは?
武豊 まだレースでは乗ったことはないですけど、東京の2000はマカヒキにとっていい舞台ではないかな、と思います。距離もちょうどいいくらいだし、東京はダービーを勝ったコースです。

――レースのイメージは?
武豊 今までのレースは前半は自分のペースで走らせたほうがいいのかな、というくらいの感じで。まだ、どう乗ろうとか決めていないですね。ただ、ちょっと展開がね。今回、すごいメンバーが集まったんですけど、どの馬が逃げてどの馬が二番手かというのが想像しにくいメンバーかなと思うので、そのへんはじっくりと考えて、あとはゲートが開いてから見極めていきたいですね。普通に考えると内枠有利なんですけど。そこはまだ何とも言えないですから。

――この秋、GIを3戦して3着ですね。
武豊 そうですね、3着ばかりで(苦笑)。ルメールが1着ばっかりで。逆になりたいです。

――人気以上の成績を残している印象がありますが?
武豊 まぁ、もちろんどのレースでも精一杯乗っていますので。ただ、今回はいい馬に乗せてもらうことになったので、騎手としてもいい仕事したいなと思いますね。

――天皇賞は春秋あわせて14勝されています。今回、天皇賞(秋)というと?
武豊 そうですね。いろいろなことが今までありましたね。名馬と呼ばれる馬にたくさん乗せてもらって。いい思い出も、辛い思い出も、いろいろありますね。

――マカヒキファンからは武豊の手綱で復活して欲しいという想いが聞こえますが、それは感じていらっしゃいますか?
武豊 はい、感じますね。当然、人気のある馬ですし、期待の大きさを感じています。

――そして、武豊騎手は平成最初の天皇賞(秋)スーパークリークで勝利されています。今回の天皇賞はどうでしょうか?
武豊 そうですね。平成最後の秋の天皇賞ですから。そりゃ勝ちたいですよ。最初でも最後でも勝ちたいです(笑)。

――連覇もかかりますね?
武豊 そうですね。楽しみです。ホントにいいメンバーが揃いましたし、ワクワクしますね。

――最後に抱負を
武豊 こういういい馬に乗せてもらうことになったので、いい騎乗でそれに応えたいと思います。


マカヒキを管理する友道康夫調教師


――前走の札幌記念を振り返ってください。
友道 競馬の内容は良かったと思います。着順は2着でしたが、当日の馬場状態を考えればよく走っていると思います。

――復調の気配は?
友道 はい、本当に前走の札幌競馬場での追い切りを見たときから、いい感じだと思っていました。

――ニエル賞を勝って以来、勝ち星がありませんが。
友道 正直、昨年の春の大阪杯あたりは前年の凱旋門賞の遠征の疲れが若干残っているのかな、という気がしました。昨年の秋、毎日王冠天皇賞(秋)ジャパンカップと走ったんですけれども、結果的に負けましたが馬の状態は復調気配かなと思って見ていました。

――前走後の調整過程は?
友道 すぐに札幌競馬場からノーザンファーム空港牧場に放牧に出しまして10日間くらい休ませて馬体の回復を促しました。そこから天栄に移動して9月の上旬に栗東に戻りました。やはり9か月ぶりに結構走ったので若干の疲れはあったんですけども、牧場のほうでうまくその後のケアをしてもらったので札幌記念の前に入厩したときのようないい体で戻ってきたと思っています。

――今回は武豊騎手とのコンビとなりますが?
友道 僕の意見ですが、本当に前々からこの馬には武豊ジョッキーが合っているのではないかと思いまして。本当にいつか機会があれば乗ってもらいたいなと思っていたので、ここにきてそのチャンスが来たので僕自身嬉しく思っています。

――1週前に武豊騎手が騎乗して追い切りましたが?
友道 1週前なのでしっかり追ってもらったんですが、見ていても人馬の呼吸が合っているというか。マカヒキもいい走りをしていたと思います。

――今週は坂路で追われました。
友道 先週、しっかりやりまして体も息ももう出来ていると思いますので、それと今朝は雨上がりで馬場も悪かったので、そんなに無理もせず息を整える程度に乗りました。この馬の時計としては馬なりで楽に上がってきたと思います。ようやく3歳のいちばんいい時期の出来に戻りつつあると思います。

――昨年の天皇賞(秋)は5着でしたが、敗因は?
友道 いろいろあると思うんですが、そのうちのひとつに馬場状態が悪かったこともあげられると思います。

――18頭中15番ゲートでした。
友道 やっぱり内枠が欲しいですよね。

――今回は天気も良さそうですね
友道 先週までの傾向を見ていると、東京の馬場はすごくいいのでね。今年は絶好の馬場状態で出られると思います。

――理想の枠や流れは?
友道 競馬に関してはあとはジョッキーに任せるだけだと思っています。

――ファンの方のマカヒキ復活を期待する声は届いていますか?
友道 届いていますし、僕もそう思っています。

――最後に抱負を
友道 国内ではダービー以来、勝ち星から遠ざかっているんですけれども、3歳の春の状態に戻ってきたと思います。あとはファンの皆さんの応援があれば頑張ってくれると思いますので、よろしくお願いいたします。

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す