スマートフォン版へ

【豪・マニカトS】ブレイブスマッシュが豪州移籍後2度目のG1制覇!/海外競馬レース結果

  • 2018年10月26日(金) 21時00分
 26日、豪州ムーニーバレー競馬場で行われたG1マニカトS(芝1200m)は、日本から豪州に移籍したブレイブスマッシュ(牡5、豪・D.ウィアー厩舎)が、強豪ぞろいの接戦を制した。勝ち時計は1分9秒36。

 2着は、0.2馬身差でスピリットオブヴァラー。3着は1着から0.7馬身差でケメンタリ。

 騎乗したH.ボウマン騎手に日本馬が勝ったことに対して感想を求めると「ブレイブスマッシュはオーストラリアでは安定した成績を残している。今日はしまいの脚が良かった。とても幸せだよ」とコメント。

 ブレイブスマッシュは今年のG1・フューチュリティーS以来、2度目のG1制覇となる。

 H.ボウマン騎手は明日、同競馬場でコックスプレート4連覇を目指し大きな1戦を迎える。

(取材・文:Emi Koizumi)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す