スマートフォン版へ

【JRA】GI馬7頭、豪華メンバー集結の天皇賞・秋/本日の注目ポイント

  • 2018年10月28日(日) 06時00分
 10/28(日)は東京・京都・新潟の3場開催。28日の天気は東京が晴れ時々曇り、京都が晴れ、新潟が曇りの予報となっている。

■豪華メンバー集結の天皇賞・秋
 東京11Rは天皇賞・秋(GI)。ワグネリアンディアドラの回避で出走13頭となったが、それでも昨年のダービーレイデオロ大阪杯優勝馬スワーヴリチャード武豊騎手と初コンビのマカヒキなどGI馬7頭の豪華メンバーが揃った。

■ノーザンファーム生産馬、GI・3連勝なるか
 その天皇賞・秋の出走馬のうち、ノーザンファーム生産馬は8頭。現在秋華賞菊花賞とGI連勝中で、ここを勝てば今年中央GI・9勝目となる。

■京都11R・カシオペアSエアウィンザーなど
 京都11Rは芝1800mのカシオペアS(OP)。浜中俊騎手と初コンビとなる良血馬エアウィンザー函館記念で1番人気に推された(6着)トリコロールブルー、重賞2勝の実績があるブレスジャーニーなどが出走する。

■新潟11R・ルミエールADにレジーナフォルテなど
 新潟11Rはルミエールオータムダッシュ(OP)。2016年から行われている芝直線1000mのレースだ。アイビスサマーダッシュで4着に入ったレジーナフォルテや、稲妻S(1600万下)を勝ったグラミスキャッスルなどが出走する。

■東京10R・紅葉Sミュージアムヒルなど
 東京10Rは芝1600mの紅葉S(1600万)。中心はここまで9戦してすべて3着以内に入っているミュージアムヒルだろう。J.モレイラ騎手とのコンビでオープン入りなるか。他には、良血馬レッドオルガや、ムーンライトH(1600万)7着からの巻き返しを期すバティスティーニなどが出走する。

フィエールマンの半姉ルヴォワール、連勝なるか
 東京8R・精進湖特別に、菊花賞フィエールマンの半姉ルヴォワールが出走する。弟は史上最少のキャリアで菊花賞を制したが、本馬もまだ4戦3勝。前走の500万下は約11か月ぶりの出走での完勝だった。連勝なるか。

■東京5Rの新馬戦はルヴォルグに注目
 東京5Rの新馬戦はルヴォルグに注目したい。一口馬主クラブ・ワラウカドの馬で、父がディープインパクト、母が米GIII勝ち馬キトゥンカブードルという血統。C.ルメール騎手とのコンビで初戦突破を狙う。また、同クラブのイッツマイウェイもここでデビューを迎える。

フラガラッハの半弟アルディテッツァがデビュー
 京都5Rの新馬戦でアルディテッツァがデビューする。半兄に中京記念を連覇したフラガラッハがいる血統で、調教の動きも上々。松山弘平騎手とのコンビで初陣を飾れるか。

■盛岡では2歳重賞・知床賞
 盛岡競馬場では、18時10分に2歳重賞・知床賞(北海道・岩手交流、ダ1400m)が行われる。ラブミーチャンの仔ラブミージュニアや、ジェネラーレウーノの半弟イコライザーなどが出走する。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す