スマートフォン版へ

【天皇賞】マカヒキ見せ場なく7着 武豊「ギアが全く変わらなかった」

  • 2018年10月29日(月) 06時00分
 「天皇賞(秋)・G1」(28日、東京)

 2番人気のレイデオロが、自慢の豪脚で居並ぶライバルを一蹴。G1・2勝目を挙げるとともに、オールカマー優勝馬として初の同年秋盾制覇を果たした。殊勲のルメールは今秋G1・3連勝。JRA・G1年間勝利数も史上最多6勝に並んだ。2着は4番人気のサングレーザー、3着は6番人気のキセキ。1番人気のスワーヴリチャードは10着に大敗した。

 武豊との新コンビで注目を集めたマカヒキだったが、3番人気に支持されるも見せ場なく7着に終わった。「ペースが緩むところがなく、脚がたまらなかった。ラストもギアが全く変わらなかった」。

 今秋のG1・3連続3着と好調だった鞍上も首をひねった。友道師は「ゲートの出が悪くて後ろからに。時計も速かったね」と淡々と話した。次走は予定通りジャパンCになる見込みだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す