スマートフォン版へ

【天皇賞】サングレーザー末脚炸裂も2着 モレイラ「馬にありがとうと言いたい」

  • 2018年10月29日(月) 06時00分
 「天皇賞(秋)・G1」(28日、東京)

 2番人気のレイデオロが、自慢の豪脚で居並ぶライバルを一蹴。G1・2勝目を挙げるとともに、オールカマー優勝馬として初の同年秋盾制覇を果たした。殊勲のルメールは今秋G1・3連勝。JRA・G1年間勝利数も史上最多6勝に並んだ。2着は4番人気のサングレーザー、3着は6番人気のキセキ。1番人気のスワーヴリチャードは10着に大敗した。

 札幌記念で見せた強さは本物だった。中団を追走したサングレーザーが、最速の上がり3F33秒4の末脚を発揮。勝ち馬には届かなかったが、並み居るG1馬を相手に2着に食い込んだ。

 モレイラは「馬にありがとうと言いたい気持ち。一生懸命走ってくれた。直線に向いても手応えが良く、残り200メートルではもしかしたらと思った」と、力を出し切った相棒をたたえた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す