スマートフォン版へ

【JRA】カンタービレ陣営「この秋は成長した姿を見せてくれています」/エリザベス女王杯共同会見

  • 2018年11月07日(水) 20時05分
カンタービレを管理する中竹和也厩舎・辻野泰之助手

――秋華賞を振り返ってください。
辻野 競馬の前はもう少し前目のポジションを想定したんですが、ゲートで遅れてしまったこともあってあのようなポジションからのレースになりました。でも、最後はあれだけの脚をみせてくれて、新たな一面がみられました。春からの成長かと思えますし、レースの幅が広がったという意味では収穫のあるレースだったと思います。

――中間の調整はいかがでしたか?
辻野 GIに向けて仕上げていったのでローズSの後より疲れがみられました。軽めの運動でしっかり疲れをとってから立ち上げてきました。

 追い切りについては、秋2戦使ってきましたので、それほど強い負荷も必要ないと思い、この中間は坂路中心で追い切ってきました。ラストの反応はいいですし、前走と同じような状態で出られると思います。

――芝2200mという距離はいかがですか?
辻野 春はオークスで距離の壁を感じましたが、この秋は成長した姿を見せてくれています。(秋華賞から距離が)1ハロン延びてもこなしてくれるのではないかと思います。

――京都の外回りコースについては?
辻野 春は機動力を生かして押し切る競馬をしていました。前走のような(後方からの)ポジションでもしっかり末脚を伸ばせるところをみせてくれましたし、外回りコースでも不安はないと思っています。

――初の古馬との対戦については?
辻野 初めて違う世代の馬たちと走ることになりますので、比べるのが難しいとは思います。でも、この馬の力を出してくれれば十分通用するのではないかと思います。

――最後にひとこと。
辻野 ようやくGIのタイトルに近いところまでこられたと思いますので、もうひと押し頑張ってもらいたいです。応援よろしくお願いします。

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す