スマートフォン版へ

【エリザベス女王杯】京都大賞典でサトノダイヤモンドに迫ったレッドジェノヴァ/参考レース解説

  • 2018年11月09日(金) 16時45分
 11日に京都競馬場で行われるエリザベス女王杯(3歳上・牝・GI・芝2200m)の参考レース解説。レッドジェノヴァスマートレイアーが出走した京都大賞典をプレイバックする。

■重賞初出走のレッドジェノヴァ、強豪牡馬相手に2着と大健闘

 2着のレッドジェノヴァはオープン初戦で重賞挑戦。前を見ながら4番手の内を進み、4コーナーでは包まれてブレーキをかける場面も。それでも直線で外へ出されて前が開くと、鋭い脚で伸びてサトノダイヤモンドに半馬身差まで迫った。重賞初出走ながら見どころある走りで好走した。

 8着スマートレイアーは6〜7番手の外を追走していたが、向正面半ばで2番手までポジションを上げる。しかし直線は、サトノダイヤモンドシュヴァルグランにあっさり交わされ、そのまま後退。

エリザベス女王杯出走予定馬】
2着 レッドジェノヴァ
8着 スマートレイアー

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す