スマートフォン版へ

【エリザベス女王杯 勝負の分かれ目】モレイラ・マジックで、逃げ切られて不思議ではない流れを差し切った

  • 2018年11月11日(日) 19時30分
 ほぼ横並びのスタートから、岩田康誠クロコスミアが楽な手応えでハナに立ち、単騎逃げの形に持ち込んだ。

 1000m通過は1分1秒4。クロコスミアが2番手だった昨年の1分2秒0よりは速いが、馬群は昨年ほど縦長ではない。数字以上に、ゆったりした流れになったということか。

 3コーナーでクロコスミアリードを3馬身ほどにひろげ、下り坂を生かしてスピードに乗ったまま直線へ。ペースアップしたことで後続の瞬発力を封じ込め、ヨーイドンではない、底力の勝負に持ち込んだ。

 このまま逃げ切るかと思われたが、外からジョアン・モレイラのリスグラシューが猛然と追い込んできた。

 ラスト200m地点ではまだクロコスミアが前にいたが、勢いの差は歴然としている。

 リスグラシュークロコスミアをかわし、クビ差でフィニッシュ。

 GIで2着が4回あった実力馬が、初めてJRA・GIで頂点に立った。鞍上のモレイラにとっても、これが初めてのJRA・GI勝利となった。

「いいポジションで、手応えよく進められた。4コーナーで上手く外に出すことできて、そこからの反応がよく、ラスト300mぐらいで勝てると思いました」

 道中は中団からやや後方の馬群のなかで、掛かり気味にも見える手応えのまま脚を溜め、最後の爆発力を引き出した。

 ラスト3ハロンはメンバー最速の33秒8。これまでも、後方に待機した阪神JF、昨年のエリザベス女王杯、今年のヴィクトリアマイルなどでメンバー最速の末脚を繰り出しているが、今回は、前を5馬身ほどの射程にとらえたところから、弾けた。モレイラが「弾けさせた」と言うべきかもしれない。

 2着のクロコスミアは、単騎で逃げると本当に強い。鞍上のエスコートも完璧だった。

 そこから3馬身離れた3着が、昨年の覇者モズカッチャンだった。道中は好位の馬群のなかを抜群の手応えで進んでいたが、直線で差を詰めることはできなかった。

 その直後につけていたレッドジェノヴァが4着。これら2頭より少し前の外にいた3歳馬ノームコアは5着だった。

 みなそれなりに伸びてはいたのだが、2着のクロコスミアと同じぐらいの上がりしか使えず、かわし切れなかった。

 つまり、クロコスミアが勝っても不思議ではない流れだった、ということだ。そんななか、1頭だけ別次元の脚を使ったリスグラシューの強さと、それを引き出したモレイラの技術を讃えたい。

(文:島田明宏)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す