スマートフォン版へ

JRA、女性騎手減量制度スタートへ 来年3月から施行、20日に正式発表

  • 2018年11月17日(土) 06時00分
 JRAが女性騎手を対象に、新たな減量制度を導入することが16日までに明らかになった。来年3月からの施行予定で、詳細は20日に発表される。

 現行では重賞などのレースを除き、免許取得期間が5年未満の若手を対象に、30勝以下の騎手に3キロ、31〜50勝で2キロ、51〜100勝に1キロの減量が与えられている。今回導入される制度は、女性騎手に別のルールでの段階的な減量を実施。恒久的に一定の減量が続くという内容になる見込みで、現行と同じく重賞などでは適用されない予定。

 フランスでは17年から同様の制度を導入。女性騎手が一気に躍進するきっかけとなった。藤田菜七子が話題性だけでなく、女性騎手最多勝を更新するなど、実力を発揮。競馬学校にも女性候補生が在校しており、新たな優遇制度の導入で、女性騎手の一層の活躍が期待される。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す