スマートフォン版へ

パリ大賞典、レイルリンクがG1初制覇

  • 2006年07月15日(土) 07時59分
 現地時間14日、仏・ロンシャン競馬場で行われたパリ大賞典(3歳、仏G1・芝2400m)は、C.スミヨン騎手騎乗の圧倒的1番人気に支持されたレイルリンク Rail Link(牡3、仏・A.ファーブル厩舎)が、3番人気レッドロック Red Rockに2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分26秒40(良)。さらにアタマ差の3着には8番人気スーダン Sudanが入った。

 勝ったレイルリンクは父Dansili母Docklands(その父Theatrical)という血統の英国産馬。06年4月にデビューし、3戦目の未勝利で初勝利。前走のリス賞(仏G3)で重賞初制覇を達成すると、今回のG1初制覇で3連勝を達成した通算成績5戦3勝(重賞2勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す