スマートフォン版へ

【ジャパンC 勝負の分かれ目】ルメール騎手が「ぼくはパッセンジャー(乗客)だった」と笑ったアーモンドアイの驚異的な強さ

  • 2018年11月25日(日) 20時45分
 アーモンドアイは、前走・秋華賞の本馬場入場のさい体の向きを変えるなど、うるさいところを見せていた。そのため、今日のジャパンカップではパドックを最初に出て、馬道でクリストフ・ルメールを背にし、先に馬場入りした。

「前回は出るとき馬に躊躇があったので、トラブルにならないよう、もともと1番枠でしたが、前もって出しました」と国枝栄調教師。

 その1番枠に関しては、ルメールも懸念していた。

「もしスローになって囲まれたら、後方から大外一気の競馬になるかもしれないので、心配しながらスタートしました」

 ゲート内で四肢をバタつかせるシーンがありヒヤリとさせたが、アーモンドアイは、ジャンプするようにまずまずのスタートを切った。そのままハナに立ちそうな勢いだったが、8番枠のキセキが先頭に立ち、さらに外からノーブルマーズも前に行った。

 アーモンドアイは、内の3、4番手で1コーナーを回った。

「1コーナーまでがポイントだと思っていました。一番心配していたのは折り合いだったのですが、すぐにいいポジションで折り合い、コントロールが利いていたので安心しました」と国枝師。

 ルメールは「1コーナーのあと、リラックスして、いつものリズムになった。向正面に入って、このポジションを、この馬で進めることが楽しかった。そこでレースは終わったようなもの。ぼくはただのパッセンジャー(乗客)でした」と振り返る。

 先頭は川田将雅キセキ。2馬身ほど離れた内の3番手にアーモンドアイはつけていた。

 前半1000m通過は59秒9。国枝師は、このあたりで勝利を確信したという。

「(時計が出やすい)この馬場状態で、流れはけっして速くない。これでだいたいイケるかな、と思いました」

 単騎逃げに持ち込んだキセキが3馬身ほどのリードを保ったまま3、4コーナーを回った。

 川田はこう振り返る。

「とにかく自分の競馬をしようと組み立てました。普通なら当たり前に押し切れる展開でした。が、ほかにも素晴らしい馬がいた。(キセキは)目一杯頑張ってくれました」

 アーモンドアイは楽な手応えでキセキとの差を詰め、直線へ。ラスト400mでもルメールの手は動かない。ラスト300mで初めて追い出し、右ステッキを入れた。ラスト200mで並んだと思ったらもうかわし、1馬身3/4差をつけてフィニッシュ。2分20秒6という驚異的なレコードに場内がどよめいた。

 外国人プレスから、「こうして2番手からものすごいタイムを出すなんて、どんな馬なんだ?」と質問されると、ルメールはこう答えた。

「モンスター。マシーン。サッチ・ア・ストロング・アニマル。いつも日本のプレスに言っているように、ほぼ完璧な馬です。どこからでもレースができるし、すべての強さを持ち合わせている」

 日本馬で初の凱旋門賞優勝馬になるのでは、との問いには国枝師が答えた。

「勝てると思います。エネイブルと一緒にレースをしてみたいですね」

 史上2頭目の3歳牝馬のジャパンカップ優勝馬となったアーモンドアイ。普段は愛らしい美少女が、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。

(文:島田明宏)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す